アイキャッチ画像
三重県にあるスキー&インソールのマニアックなお店
#AG-TUNE
店主とは30数年以上の付き合いだ
大昔、白馬についたらジェットバックのカギ忘れでスキーできない
「何とかして頂戴」
「了解です、白馬の○○店に行ってください」
その時は来季モデルで滑った
うちの家内はもっと凄い
新しいスキー板でも一回滑ってこれいやだ要らない!!
このスキー板はトップがおさえにくい少し前に荷重したい
そんな滅茶苦茶な要望も「解りましたなんとかします」
「後ろのビンディングの3mm板をいれ解決」
スキーストックの取っ手部分の色が嫌い!と形を別のモデルの取っ手にしてなどなど
昔から無理難題は投げてきたが、最初からできないとは言わない
何とかしようとする
しかしこの店主が本当にすごいのは別にある
スキー業界の裏話・・・ちがった
スキーブーツカスタマイズやインソールの制作
名人、匠の域だ
ブーツIMG_4748

今回はスキーブーツのフィッティング
ノルディカ5LMC+フォーミングインナー+インソール
いつものシダスフォーミングだがシダスは内側が硬いので今回はレグザムに変更
今回のインナーは少し柔らか目で足に優しくフィットで作成願う
私の場合定期的に作っているのとお互い解っているのでコンサルティングは不要
小指付近が靴サイズに合わせると当たるので
具体的な位置と当たり具合を言ってそれに合わせブーツのシェル出し加工を行う
インソールを作成、だんだん足が硬くなってきているようだ
高齢化と関節の硬化は比例する
店主はインソール作成は10000くらいでプロスポーツ選手も含まれる
ブーツフィッティング13000でそのうちフォーミングインナーは4000ほど制作
30000人以上の足を見ている
従ってこちらはなにも考えない、要望と感じを具体的に伝えることにしている
あとはおまかせ
インソールIMG_4727

レグザムのフォーミングインナー、タング部分のテープはここの縫い目からウレタンが抜けるので防止

インナーIMG_4729

フォーミングの前準備として
当たりが出やすい部分と血管の通っているところはパットで保護
パット針1IMG_4730


血管部分がウレタンでつぶれると血液の流れが悪くなりしびれの元
インソールも足裏にウレタン液が入らないように微妙に加工

パット2IMG_4731


フォーミング液注入、毎度のことながら足が締め付けられ苦痛の時間
出来上がったインナーはブーツの側壁迄くっきり発泡ウレタンが隙間を埋めている
フォーミング跡IMG_4743


最終調整は履いた感覚で、この部分は少し削ってなどじっくり話しながら微調整
結局制作には6時間かかった
ここで作られたブーツはバックルを必要以上に強く締める必要もなく
快適さと操作性の良さを両立してしている
お勧めの店だ
東京など県外からもお客は来る
ただスポーツ量販店のように商品を展示している訳ではないので冷やかしがてらのウィンドウショッピングには向かない
商品が所狭しと積まれているし、ブーツカスタム&インソールの作業スペースで占められている
マニアックな商品はある、店主に聞くと何処からともなく出てくる
何度も言うが店内での散策はやめたほうが良いと思う
入り口に書いている猛犬注意は伊達ではないぞ、犬は吠える(私にだけかもしれないが・・・)

店主はお世辞も言わないが、真摯に話すとちゃんと相談に乗ってくれる
ただし事前予約が必要、急に来店しても先客予定が入っていると相手ができない事もあり
お店のアドレスは
http://www.ag-tune.com/

そして私は
スキヤIMG_4733

良いシーズンを・・・






スポンサーサイト



遊山人
遊山人

2019年名古屋から安曇野へ移住
理由は晴れた日、冬はスキーで緑の季節は渓へ
雨の日は読書や筋力トレーニング
安曇野暮らしで織りなす出来事

コメント

コメントがありません。

  • kita80
  • URL
タイトルなし

こんばんは。
スキーの知識プロ級ですね、奥さんもスキーされるんですね、これからシーズンですが雪が多いと良いですね、
私はほぼ冬眠状態になります、冬は生活の敵でしたから、未だに嫌いです。

  • 遊山人Author
  • URL
Re: タイトルなし

家内はスキーとハイキングはやりますし、その為ではないのですがスポーツクラブで運動もやっています。
昔は11月初旬から滑れたこともありましたが、近年はクリスマスに滑れるくらいでシーズンも短くなってきています
雪は遊びとして見るから良いのであって生活にとっては障害でしかないですね
ハックルさんの子供時代は私の想像できないくらい大変だったのでしょう
本当に冬眠しないで時々は体を動かして下さね


マイインナーブーツ.

昔インナーは体の体温で自分の形になりますよと言ってましたがマニアとか選手は自分の形のインナーを作るのですね。私は0脚なので底敷きを一度作った事がありました。長い時間ブーツを履いていると足がしびれてきますがそれは血管を締め付けていたのですか、納得です。

  • 遊山人Author
  • URL
Re: マイインナーブーツ.

三平さんの言われるのはサーモインナーと言いまして熱をかけて足型にインナーを成型するものがあります
スキーブーツは平均的な足形で作っているので合わない部分もありバックルで強く締めないとずれてしまいがちです、結果部分的に締めるのでどうしても足の痺れや痛みがでやすくなります
今回のようにあらかじめシェルを足に合わせ加工し、インナーの中に発泡ウレタンを注入して隙間を無くす方法により個々の足にフイットした靴を作るわけです
作り方により、性能重視か快適重視かで作れますよ



コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する